コピーバンド/ヴォーカリストコンテスト Vol.5 (決勝大会)

●タイトル:『teena × SCANDAL SCANDALコピーバンド/ヴォーカリスト・コンテスト Vol.5 ファイナル』

●公演日:2014年12月14日(日)

●会場:品川・ステラボール 

〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30

開場 :15:30 開演 :16:00 ※終演未定(19時前後に終了)

●出演:SCANDALファイナリスト7組  KANIKAPILA(ゲスト)※Vol.4グランプリバンド

1)イベント会場、開場前の風景

出演バンド7組と結果(出演順)

バンド名 (学年/人数/出身)            演奏曲             受賞            備考            
N-pop project  (中学生/5P/福島)           瞬間センチメンタル              -  
R-glay  (高校生/6P/京都)    Rock'n Roll              -  
RANK  (高校生/4P/神戸) Shining Sun           

TOMOMI賞

(田畑ことさん)

RINA賞

(杉田理緒さん)

杉田理緒さんは昨年に続いてのRINA賞連続受賞!

田畑ことさんは昨年HARUNA賞を受賞した「No Name」ひなさんの妹。

Hi-Dear   (高校生/4P/大阪) Welcome home              -        
Limit.   (高校生/4P/群馬)           あわないつもりの、元気でね           

MAMI賞

(吉澤萌さん)     

NHK 教育テレビ「スクールライブショー」にて軽音楽部の模様が2015 年1 月下旬~2 月上旬にオンエアー予定(新島学園中学校高等学校トピックス)
ひかほりっく  (中学生/3P/東京) Hi-Hi-Hi           

優勝 &

HARUNA賞

(土方香りさん) 

            
winry's  ( 中学生/4P/神奈川) カゲロウ           

審査員特別賞    



受賞に当たってのSCANDALメンバーコメント

■HARUNA賞(Fender Jaguarのギター(赤)):ギターの音作りがカッコよく、ギタープレイが最高でした。(HARUNA)


■TOMOMI賞(ASHDOWN ベースアンプ):去年もRANKは決勝まで来てくれて、去年と比べて格段に上手になってて…(ベースアンプを見て)これは私も欲しいと思います。アッシュダウンは私がLIVEで使っているアンプと同じところの凄いメーカーです。頑張ってください。(TOMOMI)…(司会の山本さんがTOMOMI節も聞けて良かったですね!とフォロー)


■MAMI賞(Marshall MG10 ギターアンプ):「あわないつもりの、元気でね」をコピーしてくれて、音作りもそうですが、初めのリフの処とか最高でした。バンド全体であの曲をちゃんと完全にマスターしているのもよかったです。おめでとうございます。(MAMI)


■RINA賞(Pearl スネアドラム):1つのバンドに2つの(個人)賞ってのは去年までは無かったことですが、私はあなたの演奏が一番好きです。学校も忙しいだろうし、大人になってからも続けていけるかと、今は思っているかも知れないけど。1回ストップしてもいいんで、好きな音楽を辞めないでもらいたいと思います。素敵なプレイヤーの一人です。おめでとう!(RINA)

審査員特別賞「winry's」

審査員特別賞(キャン太ギター)

ESPアカデミー 小野寺副校長から

今年も審査員特別賞が出ました!「winry's」の皆さんです!

■追記!(ながちゃん情報(コメント転載にて紹介))

winry'sちゃんの情報です!
インタビューにもある、先輩とは、コンテストvol.2ファイナリストの「SPUNKY」さんのことだそうです!

去年の12月、SCANDAL NIGHT vol.2 clubEARTHで大トリを勤めてくれたSPUNKYちゃんに、右も左もわからず連れられて来て(ちょっと大げさ(笑))、オープニングアクトをやってもらったwinry'sちゃんが、学校の先輩でもあり、ファイナリストの先輩でもあるSPUNKYの衣装と、魂を引き継いでの、実質、準グランプリにあたる審査員特別賞は本当に胸が熱くなります。
ちなみにこの衣装は、clubEARTHのときも着て来た衣装なんですよ!
なかなかいいエピソードですよね!!
※衣装とは、ジャケットのことで、中に着てるのは自前みたいです

▼上記撮影後、メンバー自身にカメラを回してもらい当日の感想をいただきましたー!!

RANKにも一緒に加わっていただき記念写真をパチり♪!

RANKは今年も個人賞をゲット…それもコピバン初の1バンドから2人が選ばれるといった快挙!!特にRINA賞授与の際、

将来の苦労も見据えての「続けていくように」といったRINAの言葉は印象的でもありました。

RANKの衣装は全て手作り!4色のSCANDALカラーも、ぐつぐつとお鍋でお母さんが煮込んで染めてくれたんですって!

なんかこういったエピソードっていいよネ!

追記!winry's登校中学の学校ブログ

「第5回SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト」の模様(成果)が、後日登校されている「関東学院六浦中学校」のブログでも紹介がありましたんでリンク先転載にて紹介させていただきます。

(学校上げて、応援している姿も伺え、次回GPへ向けての励みにもきっとなるよネ!)

▼下記写真クリックでKGMブログへ

優勝「ひかほりっく」

第5回 SCANDAL『コピーバンド/ヴォーカリスト・コンテスト』グランプリ (SCANDAL主催イベントのOPアクト出場権)

キティエンターテインメント代表取締役 折本社長から

かなり選考に苦しんだんですけど、本当にバンドとしてまとまってて、その中でも、総評と審査員の選考の中でもトップを取りました。本当におめでとうございます。

このコンテストからデビューしているガールズバンドも多いんで、これからどんどんバンドとして活動を続けて、デビュー目指して頑張ってほしいと、期待しています。

三人はこの日の衣装に合わせて、髪や爪の色もコーディネート!

KANAKOちゃんの金髪(イメージカラーは黄色なのかな)は度胆抜いちゃったよね^^

--------------------------------------------------------------------------------

そして、ひかほりっくの3人の戻りを待ちわびていたのは、先にロビーに出てきていたwinry'sの4人も一緒!

…みてみて、この感動の再会のようなシーン…

お互いの健闘、そして栄冠をたたえ合う姿はあまりに美しく…おじさんも面頭熱くなりつつシャッター押しちゃってましたよ。

そしてもちろん、このワンツーフィニッシュゲットの笑顔のショットは収めなくっちゃネ♪!

そして最後は、怪盗キッド(今日は普段着なんですが^^)とご家族囲んでのひかほりっく&winry's

見て見てこの笑顔!!!

これぞスマイル!!

こういった写真を撮らせていただけた事になんか感謝だよネ…。

この場に居合わせた事で、幸福のお裾分け、むちゃくちゃいただけ本当嬉しく思います!!

 

おめでとー!!!

▼最後にメンバー自身ににカメラを回してもらって優勝の喜びをいただきました!

祝勝会もこの日やっちゃいました!

いやはや何人集まったのこの大所帯…^^

みんな受賞のお祝いがしたく、スキャナイスタッフや知人、そしてご家族総出でこの日の主賓「ひかほりっく」におめでとー!!


カメラを向けたらガッツポーズで応えてくれましたよ♪!

このケーキサプライズの時間は、座ったり、立ったりと、メンバーも大忙し!(…早く食べたいのにね^^)

(自分も、これ聞いていなかったんでビックリ!あわててカメラ取り出して撮影グループの中に割り込ませていただきました^^)

スキャナイを通じ多くのガールズバンドと出会うことができました。

もうこれだけでも、主催者はじめスタッフに感謝なんですが、定期開催や、またアドバイスといった面での功労も今回のワンツーフィニュシュに結びついているように思えます。

今回この場で知ったんですが、オリバーさん(調べてみてね!)もスキャナイに興味を示してくれているといったツイッターでのやりとりを知り、そんな面でも、なんか嬉しくなっちゃたよね♪!

 

「ひかほりっく」「winry's」の2組が、スキャナイのステージに上がったのが2013年12月15日の事。

コピバンVOL.5が2014年12月14日って、偶然にしてもおかしすぎの、ちょうど1年目なんですよネ!

2バンドとも、全員がSCANDALが大好きで、そしてコピバンのファイナルでSCANDALに会いたい!って思いがベースに有って頑張ってきていた姿を見てきただけに、今回の結果がワンツーフィニュシュで迎えられたことが、何より嬉しく、本当感無量です。

 

スキャナイのステージ通じて、お互いの信頼感と、そしてお客を前にしての演奏の魅せ方をきっと上げたであろう「ひかほりっく」。

スキャナイのステージ通じて、失敗の中での経験を積み重ね、度胸だけでなく魅せるうまさや、LIVEの楽しみ方、そしてなにより近くに同世代の「ひかほりっく」が居た事などを全部プラスにしてきた「winry's」

 

もうね、オジサンこのレポまとめていながらも、1年前から今日のステージに至るまでの経緯を思い返すだけで、なんか涙 こみ上げてきちゃったよ…。

みんなのそんな姿をみてきていたからこそ、もう言葉見つからないくらい今日のこの結果は嬉しいよね!

感動ありがとー!!

そして、次の目標!もう言わずとわかるよね!!

今日がスタート!

未来に向かって羽ばたいていけるように、これからも応援していくんで、頑張れー!!