SCANDAL NIGHT vol.8 @新宿Cat's Hole(レポその3)

winry's

名前 パート
AYUNA Vo&Gt
MIA Gt
TIFFANY Ba
HIKARI Dr

上の写真ですが…VoのAYUNAちゃんは、帰ってしまった後でして…(御免ね…撮影したのがライブ後だったんでね^^、)会場に残っていてくれた三人に集まってもらって記念撮影させていただきました。

「みなさんこんにちはー winry's です♪!」と元気いっぱいなあいさつと共に、1曲目の「会わないつもりの、元気でね」からスタート!

「HEY!HEY!HEY!」のオーディエンスの掛け声が、この一曲目から合わさる一体感!

winry's の出番をこの日集った皆さんが待ちわびていたのがむちゃくちゃ、掛け声からも伝わってきます!

動画サイトにupのライブ映像チェックしたら、ちょうどそんな掛け声の処から編集されておりましたんで、もう百聞は一見!^^

動画添付にてご紹介♪!

動画はダイジェスト故、もうちょい補足させてください!

もうネ!彼女たちの魅力はMCにも有るんですから^^


1曲目の後、上記動画にあるように「カゲロウ」に入るのですが、演奏に入る前に、凱旋ライブに相応しい、挨拶をしてくれたんで、文字にてそんなMCを再現!

ありがとー!

こんにちは!改めましてwinry's です。

今日はコピバンの後の最初のライブでして結構日が空いてしまったんですが、皆さん温かくって感謝してます!ありがとうございます。

…次の曲…(あれ?) 次の曲なんだっけ… あ! カゲロウ! カゲロウ!

 

コピバンで演奏した曲で、この曲で「審査員特別賞」をいただきましたー!! (イェーイ!)

 

これはSCANDAL NIGHTスタッフさんの温かさと、そして皆さんの笑顔や声援のおかげでこの賞をいただく事ができましたー!!ありがとうございます。

 

(ちょっと想像入ってしまいますが、恐らくこのセリフは今日の為に考えてきたお礼の言葉か、覚えてきたんだけど全部真っ白になっちゃって、でも頑張って話してくれたように見えました。

winry's の魅力の一つに、この、見ているこっちも赤面しちゃうようなMCも有るような気がしているんだよネ!^^

本人たちはもちろん真剣に臨んでいるだけに、このスキャナイのアットホームの空間で、この手の経験値もっともっと上げていってくれたら、より魅力的なバンドになる予感してますよー!!)

(…でMCに戻します)

 

「じゃあ!ちゃっちゃとカゲロウに行きたいと思います!」

 

…と言ったものの、自分の歌いやすい状態になっていなかったのか、周辺整えてから(その間もメンバー間でワイワイとやりとり有りまして、そして…上記動画の「カゲロウ」の1!2!3!4と掛け声とともにジャンプ!してコピバンGPで披露の自分達ならではの演奏を魅せてくれました!

--------------------------------

(コピバンGP後の記事として、「タウンニュース」掲載の模様が彼女たちの学校のBlogで紹介されてたんでリンクさせていただきます)

■セトリ

1)会わないつもりの、元気でね

2)カゲロウ

3)ハルカ

4)Welcome home

special guest  「tasotokyo (大石理乃)」

■バンド編成

当日のライブでのメンバー紹介を流用させていただきます。あとNAOKOさんのツイッターとか分からなかった為、分かり次第改めて追加の予定です^^、

…って記した処、主催のながちゃんより情報いただきましたんで追記です!

「なおこりんは、宇宙天使なので、ツイッターとかそういうのは超越した存在だからね笑(理乃さん談)」

(本当にツイッターやってなかったとは情報感謝!!)

--------------------------------------------

ドラムス:いつものドラムのムトちゃん。(わたる(武藤航)) 「Blog」「ツイッター

ベース:宇宙天使のなおこりん (NAOKO)

ボス:tasotokyo (大石理乃)

ゲストギター(4曲目から登場):さったん (IRIS MONDE)) 「 BLOG」「 ツイッター

(大石理乃(tasotokyo)さんのMy Simplogより)

本日のライブ女子チーム❤️

ゲストギター:さったん、ベース:なおこりん 

(ここの会場名は)キッツホール?…キッツの穴?…けつ♪!

 

「キッツホール行くぞ~!!!!!!!…ネコの歌 唄います!」

 

…と可愛らしい容姿や声とは裏腹に、子供が喜びそうな(真似しそうな)下ネタ&言葉遣いなんかで会場の空気和ましつつもプロのうまさ随所に魅せつけるライブが、トリの「ひかほりっく」を前にして、軽快なリズムと共にスタート!!

 

1曲目はここのライブ会場名に合わせてのネコ繋がりからのセレクトで「Hi-way Cat」♪

 

当日の動画がupされているのかちょっとわかりませんが、楽曲など含めたライブの雰囲気は(別のライブですが)、此方みていただければ、きっとわかりますよー^^

2曲目は、今日の出演バンドに聴いてもらいたいといった思いからやってくれたんでは?と思われる理乃さんが10代の頃に作った楽曲「サマー・オン・コード」(久しぶりに演奏したようです)

(リンク先はアコースティックですが、当日のナンバーはもちろん軽快なロックな仕上がりでした^^)


この曲に入る前に、自身の生い立ちとして「私も、もともとギャルバン畑で育ち開花し、高校生ぐらいの時にたくさんコピーもした」といった話をしてくれました。

今日の出演バンドの皆さんにとっては、第一線で活躍されているアーティストの言葉だけにきっと勇気づけられたんではないでしょうか!

写真の表情からも見て取れるように、終始明るさ全快!

後半に差し掛かる頃は、MC含め、もう未成年多いのに大丈夫か!って思えるくらい、下ネタ&危ない話を、どこまで本気かわからないような感じに面白おかしく楽しい口調でしてくれました。

「非公式」「違法」なんのそのの、ノリがこれまたおかしく、下の写真はそんな、今回の3曲目をイメージして作った非公式のTシャツを説明してくれている場面になります^^

詳しくは書きませんが、この日の物販のCDがこれまた超レアだったようですぞ!^^


演奏も随所激しく、カメラに向かっての超ローアングルを構えてくれたり、後半は観客席に飛び降りて演奏もしちゃうサービスぶり!

お客さんだけでなく、ご自身も楽しんで演奏しているのが凄く伝わってくるライブでした!

■セトリ

1)Hi-way Cat

2)サマー・オン・コード

3)中央快速ハミングバード

4)さくらんぼ爆弾

5)パンストPUNK ROCK 

オーラス控えしは、もちろん「ひかほりっく」!!

夜の部も撮影してきてますんで、昼夜での様子(違いなど含め)紹介の予定ですので、もうしばらくお付き合いください。