SCANDAL NIGHT vol.8 @新宿Cat's Hole(レポその4)

ひかほりっく

名前 パート
KAHORI ボーカル&ギター    (※高1)
HIKARU ボーカル&ベース    (※高1)
KANAKO ボーカル&ドラムス (※中3)

※2015年4月以降の学年です(LIVE当日はぎりぎりまだ全員中学生でした…レポ遅くなり学年も上がっちゃったんだよね^^、)

Facebook:ひかほりっく

ツイッター:ひかほりっく

「SCANDAL NIGHT vo.8」~女神たちの凱旋~のステージトリを飾るのはもちろんコピバンGP受賞バンドの「ひかほりっく」!

この日のLIVEのトリは全曲SCANDALのコピー曲を華麗なテクニックで披露と誰もがきっと思っていたんではないでしょうか?… しかし!そんな我々の期待を見事に裏切るシチュエーションを彼女たちなりに準備してきてくれておりました!

そのシチュエーションとは…

この日の演奏曲のボーカルは各々担当を振り分けるというもの…これを説明無くやってくれたもんで、むちゃくちゃ楽しいライブになりましたー!

 

上記のダイジェスト動画をこういったシチュエーションであることを加味して視聴すると、ひかほりっくを知らない方も「おおー!!」といった高揚感が少なからず起こる事 請け合いなのではないでしょうか^^

1曲目:缶ビール (Vo:KAHORI)

トリの1曲目がSCANDALのメンバーソロを持ってきた点でちょっと意外性を感じつつも、SCANDAL愛溢れたひかほりっくメンバーならではの、これは、恐らく今日の出演バンドがやらないであろう楽曲を1曲目に配置した変化球的な要素含んでの選曲かもしれないぞと、この時点では思い込みつつ聴き入っていたんだよね!

使用のギターは昨年のコピバンHARUNA賞の真っ赤なFender Jaguar! (似合ってるよね♪)

この歌っている時のKAHORIちゃんスマイルからも、SCANDALの楽曲が好きなんだなーってのが伝わってくるんだよね!

勝手な想像になっちゃいますが、きっとてぃもの歌っている姿とか思い出しながら歌っているんではないでしょうかネ!(ビールの味はまだ知らないと思いますしね^^)

2曲目:声 (Vo:HIKARU)

…括りとして2曲目と記しましたが、缶ビール~声といった流れでのメドレー仕立てにて間髪いれずにメインボーカルがHIKARUちゃんにチェンジされ披露!

この時点でも、HIKARUちゃんが「声」が好きなんだな程度にしか受け取ってなく、(この曲が好きって言うSCANDALファン多いよね!) あ!そういえば、dollsのベースのMayuもリリース時に絶賛していたのを思い出しましたよ。

HIKARUちゃんもKAHORIちゃん同様に、きっとまみたすのライブシーンを思い返しながら歌ってるんではないのかな?とか、歌いっぷり(腹から声を出そうと大きな声量で気持ちをこめて歌う姿ネ!)から想像させられるんだよね!

3曲目:Hello! Hello! (Vo:HIKARU with Limit.(のぞみ&もえ))

そして3曲目は…

ボーカル&演奏サポートに「Limit.」から、のぞみちゃん(Vo.Gt.)&もえちゃん(Gt.(MAMI賞ネ♪!)迎えて、ひかほりっくメンバーポジション全てシャッフルしての、コピバンファイナリスト2組による夢のコラボが(…恐らくスキャナイスタッフも知らされていなかったであろう超サプライズだったんでは?と思われます。…だって私自身、聞いてませんでしたから^^)実現!

 

…カッコ書きの備考が、読み難さ加速させちゃってる感ありますが、こういう事、知らずに動画見るのと、知らないで見るのではやっぱ違うと思うんだよね!…ただ、演奏力がどうとかいった能書きより女神たちの凱旋に向けて、主催者任せでなく、彼女たちなりにこういった演出を考えてくれていた事が嬉しいし、何よりラストのトリを楽しいものにしたいっていった表れが、この3曲目にこめられていたように感じます。

普段後方で陣取っているKANAKOちゃんがボーカルとしてステージ前へ照れながらやってきましたよ!

 

この時点では、何の歌を歌うのかすらわからず…流れからだとリナリーの「おやすみ」が脳裏よぎりましたが…、なんと準備されたのは「Hello! Hello!」

私の大好きな楽曲であり、スキャナイに私を導いたのも、この曲をHONEY+が三人ver.としてアレンジして演奏していた動画を目にしたのがそもそものはじまり…

これをKANAKOちゃんがやってくれるとは…

おじさんこの時点ですでに舞い上がってしまい、記念すべきKANAKOちゃんの歌う姿は全てピンボケになっちゃったんだよネ^^、

このボーカルを無理やりやらされちゃっている感が(…あくまで想像です^^、)、どこかリナリーが照れつつダンスをしているPVのシーンと重なって見えてしまうのは自分だけでしょうか^^

 

KANAKOちゃんを(不安にさせないで)ステージ前に引っ張り出す為に仕組んだことなのかどうかはわかりませんが、Limit.とのコラボのこの絵が、スキャナイならはではのお祭り感もあって、自分もシャッター切るより観客の皆さんと一緒になってコール贈りたくの気持ちの中での撮影になってしまいました。

KAHORIちゃんの手にしているのはギターでなくベースだよネ!

(…お父さんから借りたのかな?…5弦のベースはギターとの重量の面での違いも結構有ったようですよ。)

そしてHIKARUちゃんはなんとドラマーへチェンジ♪!

この楽しそうに叩く姿に私もシャッター切りながら思わずニンマリ^^

…リナリーがインタビューでドラマーとして難しい楽曲として挙げていたのが「Hello! Hello!」のはずなんですけどね!…流石なんでも器用にこなせちゃうHIKARUちゃんってところでしょうか^^

動画はダイジェスト版故、カットされちゃってますが、曲出だしのドラムのカウントの入り方から、むちゃくちゃノリノリの楽しさ全快にドラムプレイ披露してくれておりました♪!

(実はペダルが途中から横を向いちゃって苦労しながらのプレイだったようです)

本当ピンボケいっぱいでごめんね…(もう二度と見れないセンターボーカルなのに…と自分自身にも後悔^^、)

シャッフルプレイ!皆さんお疲れ様でした♪!

4曲目:夜明けの流星群 (Vo:KAHORI,HIKARU,KANAKO)

4時間越えのライブの閉めは「夜明けの流星群」!

フィナーレ飾るにふさわしい三人のハモリを利かせたガールズバンドらしさ全快ソング!

会場の一体感も半端なく、最高のフィナーレとなりました。

…さらに新宿Cat's holeでのスキャナイでは今や恒例の番外編!「夜の部

こちら用にもひかほりっく、昼の部とはまた別のセトリを組んで登場となるのですが、こちらについては、時間取れれば追々といった感じですかね^^、

 

…紹介できるか、自信ありませんが、ひかほりっくだけ色紙upが無い点からも続くようなら紹介できればと思ってます。

まずは、ここにてvol.8レポも長丁場になりましたが一旦終了です。